大使館の場所や治安の確認

海外旅行の旅先は国内とは勝手が違います。国内にいる時には問題にならない事も海外ではそうではない場合があります。海外には国全体で治安が良くない国もありますし、一部地域が危険なエリアになっている事もあります。知らずにそのような場所に出入りして何らかのトラブルに巻き込まれると大変なので、外務省の渡航情報などを活用していく予定の場所の治安に関して把握しておくべきです。またパスポートを紛失したり、盗難された場合は大使館で対応してもらうしかありません。海外旅行の旅先では大使館でしか対応してもらえない事もあるので、トラブルにあってからではなく、旅行に行く前に大使館の場所を把握しておくといざという時に困りません。

海外旅行に行く時は保険に加入

国内では保険証を持っていれば自己負担分だけで治療を受けられます。しかしこれは国内の話で海外に行って現地の病院に保険証を提示しても意味がありません。現地で怪我や病気になって病院に行った時に高額な医療費がかかる可能性があるので、海外旅行に行く時は保険に加入するべきです。旅先で病気になる可能性は高いとは言えなくても可能性がない訳ではありません。もし知らなかったとしても支払いを免れる事ができる訳ではないので、自分で旅行に行く前に海外旅行の保険を探して加入しておくと良いです。怪我や病気の補償だけでなく現地での盗難などの被害にも対応している保険もあるので、必要に応じた補償内容の保険を選んで加入すると良いです。